会社沿革

昭和21年12月 三都電気工事株式会社 創立(資本金19万円)
昭和25年4月 社名を「阪急電気工事株式会社」に改称し、資本金50万円に増資
昭和27年10月 関西電力株式会社指定工事代理店として引込工事を受託
昭和30年10月 資本金を200万円に増資
昭和38年7月 建設業法による大臣登録事業者に登録
昭和39年3月 資本金を800万円に増資
昭和42年8月 設備保守管理業務開始
昭和43年3月 資本金を2,000万円に増資
昭和45年6月 神戸出張所を開設
昭和48年6月 資本金を6,000万円に増資
昭和48年11月 空調給排水衛生設備工事業を開始
昭和54年6月 大阪市排水設備工事指定業者となる
昭和54年7月 大阪指定排水装置工事業者となる
昭和61年4月 神戸出張所を神戸営業所に改称
平成8年4月 警備業を受託
平成12年10月 本社事務所を「高松ビル・アネックス」に統合
平成13年9月 設備管理部門並びに鉄道電気工事部門を会社分割
資本金を2,000万に減資
平成15年6月 株式会社関電工が資本参加
平成16年5月 本社事務所並びに梅田事務所を「西阪急ビル」に統合
平成16年10月 機械器具設置工事業を開始
平成17年10月 神戸営業所を移転
京都営業所を開設
平成17年11月 消防施設工事業を開始
平成18年7月 社名を「株式会社阪電工」に改称
京都営業所を移転
平成25年12月 神戸営業所を閉鎖
平成26年5月 京都営業所を移転